まだ間に合う!ロードカナロアで札幌開催を満喫!

 

先日、グリーンチャンネルのパドック解説を聞いていると、

「ロードカナロア産駒は洋芝が得意!」というようなコメントがありました。

 

ロードカナロア自身は、

4歳時に函館スプリントSに出走して0.1秒差の2着。

 

松山弘平騎手騎乗のドリームバレンチノに負けましたが、

ロードカナロアは追い出しを待たされるシーンもあり、

レース映像を見る限りでは、力負けではない印象です。

 

函館と札幌を含めても、

洋芝を走ったのは、この1戦だけという戦績。

 

もともとが強い馬なので、

苦手な条件でも、能力だけでクリアしてしまう場合もありますからね。

 

ロードカナロア自身からは、ちょっと判断しづらい。

 

ということで、

本当にロードカナロア産駒は洋芝が得意なのか、

TARGETで調べてみました。

 

 

もっともデータ母数の多い、複勝率をご覧ください。

 

うわさ通り、洋芝の札幌と函館競馬場の成績が良いですね。

 

ロードカナロア産駒は、

洋芝ではパフォーマンスがアップするというのは本当でした。

 

ということで、札幌、函館の成績を抜き出してみましょう。

 

 

さらにオッズ帯別に、成績を分けてみました。

 

単勝オッズが9.9倍以内のロードカナロア産駒は、

洋芝の札幌と函館では、高い確率で馬券に絡むといえます。

 

さらに、もうひと絞り。

 

前走が札幌と函館以外、

つまりは前走が洋芝以外だった馬に絞ってみます。

 

 

このように単複ともにプラス回収になりました。

 

ではまとめましょう。

 

1,ロードカナロア産駒

2、単勝オッズ1.0~9.9倍

3,前走が札幌、函館以外

 

例えば、

あるロードカナロア産駒が、札幌&函館の洋芝コースに初参戦。

 

単勝上位に推されるくらいのなので、

能力は高そうだが、洋芝適性は未知数。

 

ということで少しオッズが甘くなるが、

実は洋芝適性が高いので、しっかり好走する。

 

このギャップで単複がプラス回収になるということでしょう。

 

洋芝のロードカナロア産駒は強い。

 

参考になれば幸いです。

 

データ競馬:TARGET frontier JV

・出馬表にデータマイニングの順位・数値を表示させたい
・特定の2頭の直接対戦の結果・経歴を調べたい
・予想するレースが行われるコースにおける、騎手・調教師・種牡馬の傾向を調べたい
・出走馬の前走レベルを簡単に比較する

などなど。

TARGET操作動画が無料で見られます↓