ウィナーズ投資法

●ウィナーズ競馬必勝法「やり方の概略説明」●

理解しやすくするためにコインの表・裏を当てる賭けをしたとします。

この場合、当たる確率は二分の一です。

そして当たれば賭け金の二倍をも貰える賭けを想定します。

理論上長く賭けをしたら競馬は必ずプラスマイナス0になります。(あくまで理論上です)

もちろん、はずれれば当たるまで倍々買いするマーチンゲール法を適用すれば理論上プラスになりますが、はずれが続けばそれこそ賭け金が天文学的な数字になり現実的ではありません。

では、それ以外の儲け方でプラスを出す方法があるのかというと、追い上げ系競馬必勝法ではモンテカルロ法や2in1法が有名ですが、その他に最近開発された追い上げ系競馬必勝法があります。

それがウィナーズ競馬必勝法です。

その方法ですが、コインの表・裏を当てるギャンブルなら確率が二分の一なので表と裏が同じ数が出た時点で一セットとします。

例えば表と裏が交互に出た場合はそれで一セットになります。

ここで仮に表をあたりとします。

この場合、裏が出た数が表が出た数を上回っていた場合に、裏が二回連続で出た時に二つ前に書けた金額の二倍を賭けます。

その次もはずれた場合は、三つ前に賭けた金額の二倍を賭けます。

そして次もはずれれば四つ前の金額の二倍を賭けます。

つまり、はずれが続いた場合、二倍の金額から増える事はありません。

それで仮に四つ目に的中した場合、次は三つ前の二倍を賭けます。そして表・裏の数が揃った時点で一セットが完了します。これで必ずプラスが出ます。

次回はこのウィナーズ競馬必勝法を図に書いて説明いたします。

ウィナーズ競馬必勝法(別名ウィナーズ投資法)は、他の競馬必勝法同様、カジノから生まれた競馬必勝法です。

今回は、ウィナーズ競馬必勝法の基本を理解していただくために、簡単な例示を図解にしてみました。

今回の例示は、的中率、回収率が高くないと難しいため競馬への応用はできませんが、あくまで基本知識として「へーこういう考え方もあるんだ」ということで押えておいて下さい。

1.前提は、的中率50%、回収率200%(2倍)です。

2.的中が○ではずれが●とします。

3.的中とはずれの数が揃った時点で一セットです。

 

一セットの例
○●
○○●○●●
●●○●●○○○

 

4.掛け金を2倍する位置。

はずれの回数が的中の回数を上回っていた場合に、2回前に賭けた金額の二倍を賭けます。

その次もはずれた場合は、3回前に賭けた金額の二倍を賭けます。

そして次もはずれれば4回前の金額の二倍を賭けます。

的中した場合は、前回賭けた場所から右へ一つずれた場所の2倍をかけます。

5.ウィナーズ競馬必勝法「賭け方の例示」

まず最初に100円を賭けたとします。はずれたので-100円です。

 

1回目

100円

 

2回目も100円を賭けます。またはずれたので合計で-200円になりました。

 

1回目 2回目
● ●
100円 100円

 

そして2回連続裏はずれた場合は、最初に賭けた金額(1回目の位置)の2倍を3回目に賭けます。

つまり3回目は200円を賭けることになります。

またはずれたので合計で-400円となりました。

 

1回目 2回目 3回目
● ● ●
100円 100円 200円

 

前回がはずれた為、4回目はもう一度同じ部分(1回目の位置)の金額の2倍を賭けます。

今度は的中したので合計で-200円になりました。

 

1回目 2回目 3回目 4回目
● ● ● ○
100円 100円 200円 200円

 

前回的中したので、5回目は先ほど2倍していた位置から1つ右にずれた位置(2回目の位置)を2倍して賭けます。

はずれたので合計で-400円となりました。

 

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
● ● ● ○ ●
100円 100円 200円 200円 200円

 

前回はずれたので、6回目も先程と同じ位置(2回目の位置)を2倍して賭けます。

はずれたので合計で-600円となりました。

 

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目
● ● ● ○ ● ●
100円 100円 200円 200円 200円 200円

 

前回はずれたので、7回目も同じ位置(2回目の位置)を2倍して賭けます。

的中したので合計で-400円となりました。

 

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
● ● ● ○ ● ● ○
100円 100円 200円 200円 200円 200円 200円

 

前回が的中だったので、8回目は先ほど2倍していた位置から1つ右にずれた位置(3回目の位置)を2倍して賭けます。

的中したので合計でプラスマイナス0円となりました。

 

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目
● ● ● ○ ● ● ○ ○
100円 100円 200円 200円 200円 200円 200円 400円

 

前回が的中だったので、9回目は先ほど2倍していた位置から1つ右にずれた位置(4回目の位置)を2倍して賭けます。

今回も的中したので合計で+400円となりました。

 

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目
● ● ● ○ ● ● ○ ○ ○
100円 100円 200円 200円 200円 200円 200円 400円 400円

 

前回が的中だったので、10回目は先ほど2倍していた位置から1つ右にずれた位置(5回目の位置)を2倍して賭けます。

次も的中したので合計で+800円となりました。

 

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
● ● ● ○ ● ● ○ ○ ○ ○
100円 100円 200円 200円 200円 200円 200円 400円 400円 400円

 

10回目で的中とはずれの数が同じになったので、1セット終了となり、結果は800円のプラスとなりました。

このようにウィナーズ投資法は、的中とはずれの数が同じになった時には、必ず掛け金がプラスになっているのです。

 

では、下記の場合どうするのか。

●●●●●●●●●●(10連敗)

 

この場合はパンクラインを自分で確定しておく必要があります。

また、連続数回ハズレが続いてからスタートするなど期待値の考え方を利用すると良いでしょう。

ここまでがウィナーズ競馬必勝法の基本解説で、次から競馬への応用を解説いたします。

的中率が50%で的中時の配当が200%(2倍)の場合のウィナーズ競馬必勝法のかけ方は理解出来たと思います。

それでは今度は的中率が33%(3分の1)で払い戻し倍率が300%(3倍)のウィナーズ競馬必勝法のかけ方について説明します。

ポイントは、セットと賭け金の変更です。

的中率が3分の1の確率で払い戻し倍率が3倍の場合は的中が1に対して不的中が2で1セットになります。
そして、そのセットを越えて不的中が越えた時に、最初の「二つの不的中の合計金額」を一セット終了まで賭けます。

 

例えば
○○●●●●
の場合でしたら一セット終了までの不的中が1対2を上回らないのでプラスマイナスは0になります。

 

●●●●○○
の場合でしたら

 

●●●
の段階で不適中が1対2を上回りますので

 

●●●
--

この二つの部分(--)の合計を賭けます。

 

●●●●
そして、次もはずれたのでもう一度同じ部分の合計を賭けます。

 

●●●●○
今度は当たったので

 

●●●●○
--
この二つの部分(--)の合計を賭けます。

 

●●●●○○
100円で始めた場合は+500円になります。

 

それでは次に的中率が33%(3分の1)で払い戻し確率が200%(2倍)の場合について説明します。

この場合、理論上ずっと賭け続ければ必ずマイナスになります。

では、ウィナーズ投資法ではどのように賭けるのか説明いたします。

 

●●○
はずれ二回に対して当たりが一回一セットになります。ところがこの場合一セットでプラスマイナス0にするには当たりの時に1.5倍になるような金額を賭けなければいけません。

 

例えば
○○●●●●
の場合でしたら一セット終了まで不的中が1対2を上回らないのでマイナス200円になります。

 

●●●●○○
の場合でしたら

 

●●●
ではじめて不的中が1対2を上回りますので

 

●●●
--
この二つの部分(--)の合計の「1.5倍」の金額を賭けます。

 

●●●●
はずれたのでもう一度同じ部分の合計の「1.5倍」の金額を賭けます。

 

●●●●○
今度は当たったので

 

●●●●○
--
この二つの部分(--)の合計の「1.5倍」の金額を賭けます。

 

●●●●○○
100円で始めた場合+300円になります。

 

●●●●○○と○○●●●●の出現率は相対的なものなので、回数を重ねれば螺旋状にお金が増える事になります。

 

つまり、

・的中率が低い場合はセット数を変化させる。
・的中時の平均配当が低い場合は賭ける金額を変化させる。

 

この2点を改良することによって、いくらでも応用が可能なのです。

ウィナーズ競馬必勝法は、なかなか理解することは難しい競馬必勝法の一つですが、完全に理解出来ればどんなギャンブルにも応用が可能な理論です。(パチンコを除く)

一セット終了する確率がかなり少ない予想力のない人以外は応用できるのです。

ちなみに、ウィナーズ競馬必勝法は、もとがカジノから生まれた理論ですので最も向くギャンブルは、バカラだと言われています。

カジノといったらルーレットがあるじゃないかと思われるかもしれませんが、ルーレットはディーラーが狙って穴に入れる技術を体得しているので意外と確率通りにはならず、逆にはずれを20回位続けられてしまう場合もあります。

その点、バカラの場合、デッキトランプは操作する事が出来ないので確率通りになり、ウィナーズ投資法が一番効果を発揮します。

皆さんもオンラインカジノや海外で試してみて下さい。

ではウィナーズ競馬必勝法のまとめです。

皆さんウィナーズ競馬必勝法の説明を読んでどう感じたでしょうか?

競馬は、コインの表・裏を当てるゲームではありません。

利用法が分かったとしても、競馬という複雑なゲームでは無数の応用パターンがあり、実際に適用するのは難しと思われる方が多いかと思います。

しかし、

マーチンゲールやモンテカルロ法など普通の追い上げ競馬必勝法と異なる理論を含んでいますので、ご自身の競馬必勝法を編み出すにあたり大変参考になる理論かと思います。

では、いったいどこら辺が普通の追い上げ競馬必勝法と異なるのか説明したいと思います。

ウィナーズ投資法は確率により考案された理論です。

俗にいう確率の多数の法則や平均の法則です。

確率の試行の仕方は二つの方法があります。独立試行と従属試行です。

例えば、三本のうち、一つだけ当たりくじがあっととします。

くじを一回引いて引いたくじを戻して、また引く方法を独立試行といいます。

従属試行は、引いたくじは戻さないで残ったくじを引く方法です。

確率は、双方とも三分の一の確率ですが、従属試行の場合は三回に一回は必ず当たりが出ます。

かたや独立試行は確率の平均の法則により三分の一の確率で当たりますが三回に一回当たるとは限りません。

もし、すべてのギャンブルが従属試行ならギャンブルの必勝法は存在します。

誰かがはずれを引いた次にくじを引けば良いからです。

しかし、現実にはそんなギャンブルは存在しません。全て独立試行です。

つまり一回一回が神のみぞ知る運まかせです。

それでは、絶対に攻略法が介在する予知はないと思われますが、ウィナーズ投資法では擬似的に従属試行を作り出す事でそれを可能とした理論です。

確率の平均の法則に基づきその確率が分布した時点で一セットとすることによって擬似的に従属試行を作り出しているのです。

もちろん擬似的なものなので必勝法にはなりませんが攻略法とはなり得ます。

ここら辺の確率論は、信じる人と信じない人といった考え方の相違によって賛否両論かと思いますが、ウィナーズ競馬必勝法はいわゆる「信じる人」用の理論なのです。

そしてこの従属試行に基づいている点こそが、従来の追い上げ競馬必勝法とは決定的に異なるのです。

 

マーチンゲール法

モンテカルロ法

ココモ法

2 in 1法

ウィナーズ投資

馬法の方程式

バーレイ法

バーネット法

金丸法

 

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録