シルクレーシングの2020年デビュー馬の中間報告!

 

ブログ、メルマガで何度も書いていますが、

私はシルクレーシングに入っていて、すでに6年くらい経ちます。

 

がしかし、未だにG1には届かず。

 

初めは母系の成績を軸に、

父親や厩舎を参考に出資馬を決めていました。

 

でもあまり当たりを引けないので、

何かないかなー?と募集馬のパンフレットをパラパラ。

 

アーモンドアイの募集写真を見ていて、

馬体のある特徴を発見!

 

そして他のG1馬の馬体も、何頭か確認してみる。

 

なるほど!

ここがこうなってると走る可能性が高いのか!

 

という気付きに出会って、

2019年の募集馬から馬体診断を取り入れました。

 

それが2020年にデビューした馬で、

今年のクラシックを目指す3歳馬たちですね。

 

昨年の6月デビューから半年たったので、

続々と馬体診断の結果が表れている感じです。

 

評価は0~5までで、下記の11段階。

 

0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 5

 

「3以上」であれば優秀で、「2」が普通。

 

「1.5以下」は、私は出資しないというルールにしています。

 

できれば「3以上」の馬を買いたい。

 

2019年の募集馬は、東西合わせて70頭。

 

ここでは追加募集の馬は除いています。

 

そして2021年1月13日時点で、

デビュー済みなのは56頭。

 

デビュー前が11頭で、怪我でデビュー前に抹消の馬が3頭。

 

デビュー済み56頭のうち、1勝以上している馬が23頭。

 

確率でいうと、勝ち上がり率は41%になります。

 

次に私の馬体診断で「3以上」だった馬は、15頭。

 

デビュー済みが13頭で、1勝以上している馬が9頭。

 

勝ち上がり率は69%になります。

 

まだ1世代ですが、まずまず成功しているのではないかと思います。

 

「またまたー!高い馬ばっかり選んでんじゃないの?」

 

こんな声も聞こえてきそうですが、

いえいえ、シルクの募集馬の中では安い馬が多い。

 

馬名 募集価格 評価 結果
ヴァイスメテオール 5,500万円 3.5 勝ち上がり
ルナベイル 5,000万円 3
ノワールドゥジェ 4,000万円 3
セラフィナイト 2,000万円 3 勝ち上がり
ダブルスナッチ 2,000万円 3 勝ち上がり
ビジューブリランテ 1,800万円 3 勝ち上がり
ベッラノーヴァ 1,600万円 3 勝ち上がり
アウトストラーダ 2,500万円 3
クールキャット 2,500万円 3 勝ち上がり
スタッドリー 2,800万円 3 勝ち上がり
ノックオンウッド 7,000万円 3 勝ち上がり
リバースレー 5,000万円 4 デビュー前
デイトンウェイ 1,800万円 3 勝ち上がり
ベルンハルト 2,800万円 3 デビュー前
グレイシャーパーク 1,800万円 3

 

 

このように1000~2000万円台の馬が多数です。

 

シルクレーシングの場合500口なので、2000万円で一口4万円。

 

3000万円で一口6万円と、

この辺がサラリーマンでも買えるゾーンではないでしょうか。

 

募集価格が5000万円を超えると、

一口10万円になるので、グッとハードルが上がる気もしますからね。

 

そしてやはり注目したのは、

2019年の募集馬で最高評価「4」だったリバースレー。

 

体調面でデビューが遅れていたみたいですが、

そろそろ体制が整ってきた様子です。

 

デビューが楽しみですね。

 

このように2年前の答え合わせをしているうちに、

また2021年の募集の時期がやって来る。

 

そしてパンフレットを見ながら、あれこれと悩む。

 

少しだけ初期費用は掛かりますが、

馬券を買うのとはひと味違う、とても楽しい遊びですね。

 

相変わらず、東サラに入るか悩み中です。

 

結果の詳細はこちらをご覧ください↓

2019年から「独自の馬体評価」を取り入れました

 

 

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録