G1+パターン1+4~9着馬で回収率153%!

 

出走馬14頭のうち、

8頭がG1馬という豪華なメンバーが揃った2019年の大阪杯は、

2017年の皐月賞馬アルアインが制覇しました。

 

そのG1馬の顔ぶれがこちら↓

 

マカヒキ(2016年ダービー)

ワグネリアン(2018年ダービー)

アルアイン(2017年皐月賞)

エポカドーロ(2018年皐月賞)

キセキ(2017年菊花賞)

ブラストワンピース(2018年有馬記念)

ペルシアンナイト(2017年マイルCS)

ステルヴィオ(2018年マイルCS)

 

この他にも、

サングレーザー、ステイフーリッシュ、ダンビュライトの3頭が、

G1で3着以内に入った経験のある猛者。

 

ノーザン有力馬の使い分けが世間を騒がしていますが、

久々に有力馬激突の面白いレースだったと思います。

 

そしてこれだけのメンバーが揃えば、

予想が楽しい反面、馬券的に難しいですよね。

 

大阪杯の実際のコンピ指数順位がこちら↓

 

1位(79)ブラストワンピース

2位(66)キセキ

3位(63)ペルシアンナイト

4位(62)ステルヴィオ

5位(61)エアウィンザー

6位(55)ワグネリアン

7位(54)サングレーザー

8位(53)エポカドーロ

9位(50)アルアイン

10位(46)マカヒキ

11位(43)スティッフェリオ

12位(42)ステイフーリッシュ

13位(41)ダンビュライト

14位(40)ムイトオブリガード

 

テクニカル6で計算してみると、

 

79+66+63=208

 

208以下はパターン1なので、

2019年の大阪杯は大混戦だったことが分かります。

 

というか、わざわざテクニカル6で見なくても、

大混戦なのはみんな知っていますね。

 

ですが大混戦のパターン1にも、

ハイレベルと低レベルのレースがあります。

 

例えば未勝利戦で、

前走5着以内に入った馬が1頭だけ。

 

コンピ1位 前走5着(0.7秒差)

コンピ2位 前走7着(0.5秒差)

コンピ3位 前走10着(0.9秒差)

 

このようなメンバー構成の場合、

低いレベルでの大混戦(パターン1)と言えるでしょう。

 

しかし2019年の大阪杯は違いますよね。

 

ハイレベル中のハイレベル。

 

強い馬が揃い過ぎて、

コンピ指数の評価が割れたために、数値が低くなったと言えます。

 

そもそもG1クラスになると、

押し出されて1番人気になるようなグダグダな馬はおらず、

ハイレベルになるとがレース体系上、自然なことだと思います。

 

ということはですよ、

G1でパターン1になるレースは、

レースレベルが高いのではないか?という仮説が立てられますよね。

 

過去5年間のG1レースを見てみると、

 

◆2014年

第15回チャンピオンズカップ

第66回朝日杯フューチュリティS

 

◆2015年

第45回高松宮記念

第152回天皇賞(秋)

 

◆2016年

第33回マイルチャンピオンシップ

 

◆2017年

第61回大阪杯

第67回安田記念

第18回チャンピオンズカップ

 

◆2018年

第23回NHKマイルカップ

第59回宝塚記念

第35回マイルチャンピオンシップ

 

そんなに数は多くないですが、

上記の11レースがパターン1でした。

 

そしてハイレベルレースから連想して、

4~9着に敗れた馬は、次走狙い目ではないか?

 

という部分を探ってみます。

 

勝率23% 連対率36% 複勝率51%

単勝回収率153% 複勝回収率129%

 

このように大幅なプラス回収になりました。

 

ハイレベルレースで惜敗した馬が、

次走で活躍するのは、当たり前なので納得の結果でしょう。

 

ということは、

 

2019年の大阪杯で4~9着に敗れた、

 

4着 マカヒキ

5着 エアウィンザー

6着 ブラストワンピース

7着 スティッフェリオ

8着 ムイトオブリガード

9着 ダンビュライト

 

上記6頭は、次走もしっかりマークしておきたいですね。

 

このようにコンピ指数は、

実際のレースと上手く融合させることで真価を発揮します。

 

表面上の数字遊びなどせず、

より深いコンピ研究をするようにしましょう。

 

ぜひ参考にしてください。

 

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録