チャンピオンズカップは前走地方競馬組をワイドで攻略!

 

チャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)は、

能力の比較が難しくて、予想に困る人が多いと思います。

 

その原因は、

前走地方競馬を走っている馬が多いから。

 

大きく分けて、勢力はこの2つ。

 

前走JRA組(みやこS、武蔵野S)

前走地方競馬組(JBC、マイルCS南部杯)

 

細かくみると違う場合もありますが、

大きなククリで分けると、前走JRA組は成長途上の馬たち。

 

そして前走地方競馬(NAR)の馬は、

すでに重賞を勝っていて、地方に遠征に出ているベテラン勢。

 

といった感じでしょうか。

 

毎年この2つの勢力がブツかるチャンピオンズカップですが、

前走まったく違う条件のレースに出走しているので、

能力の比較が難しくて、予想するのが大変という訳ですね。

 

では過去10年で、

どっちの勢力の方が馬券に絡んでいるのかを見てみましょう。

 

前走JRA組(1着2回、2着5回、3着6回)

前走地方競馬組(1着8回、2着5回、3着4回)

 

前走地方競馬組の方が、勝ち星が多いですね。

 

では総合で見てみましょう。

 

前走JRA組(3着内13回)

前走地方競馬組(3着内17回)

 

大きな差はないですが、

前走地方競馬だった馬の方が優勢のよう。

 

では実際の成績をご覧ください。

 

◆前走JRA組(94頭)

勝率2% 連対率7% 複勝率14%

単勝回収率30% 複勝回収率48%

 

◆前走地方競馬組(58頭)

勝率14% 連対率22% 複勝率29%

単勝回収率211% 複勝回収率112%

 

このように前走地方競馬組が圧倒的に有利です。

 

しかーし!

 

この比較方法だと、

前走JRA組が人気薄の穴馬ばかりの可能性をぬぐい切れません。

 

そこでチャンピオンズカップで1~5番人気の推された馬を、

2勢力に分けて見てみます。

 

◆前走JRA組(23頭)

勝率4% 連対率17% 複勝率35%

単勝回収率36% 複勝回収率75%

 

◆前走地方競馬組(27頭)

勝率19% 連対率33% 複勝率41%

単勝回収率101% 複勝回収率84%

 

いかがでしょう?

 

圧倒的に前走地方競馬組の方が、

チャンピオンズカップでは好走率が高いですね。

 

反対に前走JRA組は複勝率まで拡げると、

それなりに格好が付きますが、勝率は4%とかなり苦戦。

 

チャンピオンズカップは、

前走地方競馬組を狙って行く作戦で良さそうです。

 

では絞り込んで行きましょう。

 

ズバッと行きますよ。

 

・前走地方競馬に出走していた馬

・前走馬体重470kg以上

・前走1~5番人気

 

この3つの条件に該当した馬の成績は↓

 

勝率18% 連対率29% 複勝率38%

単勝回収率272% 複勝回収率145%

 

このような成績になります。

 

いい感じの回収率ですね。

 

では該当馬の人気と着順を見てみましょう。

 

 

この成績から、ある作戦を立ててみます。

 

それは前走地方競馬組から、5頭を選抜する。

 

そもそも5頭に足らない場合は、JRA組から補充する。

 

そして5頭のワイドBOXを買う。

 

10点買いなのでトリガミになりそうなら、購入資金で調整をする。

 

あとは穴馬が来ることを祈る。

 

これでどうでしょう?

 

では2021年のチャンピオンズカップ該当馬がこちらです↓

 

 

ケイティブレイブは前走7番人気で脱落。

 

特別登録時点の出走予定馬なのでここから減るかもしれませんが、

残り7頭の中から5頭を選抜する。

 

あとはワイドで穴馬が来ることを祈りましょう。

 

こんな作戦もオモシロいと思います。

 

参考になれば幸いです。

 

田中洋平がすぐ使えるコンピ攻略法をプレゼント