クラスとコンピの関係



コンピ指数のクラス別による違いについて。


考えてみましょう。


データ期間は、2010年~2012年の3年間です。


コンピ指数値に関係なく、コンピ1位の成績をクラス別に比べてみると、
最高が未勝利の勝率33.0%で、最低がG3の勝率25.8%です。


4.2%違うので、成績に大きな差があると言えます。


これを実際の1番人気で比べてみると、
未勝利の勝率が32.4%で、G3の勝率が23.5%です。


コンピ指数の成績と1番人気の成績がリンクしているので、
G3のコンピ1位は信用できないと考えることができます。


私は基本的にコンピ指数値は、


「どんな条件でも価値は同じ」


という考え方ですので、これでは矛盾が生じることになります。


未勝利戦と、G3のコンピ1位の価値は違うと認めるしかないでしょうかね!?


「やっぱり違うでしょ!」


「コンピ指数をすべての条件統一で考えるのは無理があるんじゃ?」


確かに違うように見えますが、本当にそうでしょうか?




・・・




・・・




・・・




では、答えを書きましょう!


未勝利戦のコンピ1位の平均オッズは、実は2.7倍です。


G3のコンピ1位の平均オッズは、3.3倍なんですね。


だから、コンピ1位の勝率が未勝利戦とG3で違うのは当然のこと。


ここがこの話のミソ。


コンピ指数というのは、あくまでも予測オッズのようなモノです。


同じコンピ指数でもオッズが違えば価値が違うのです。


分かりますか?


こう考えると、


「コンピ指数1位の成績がクラスによって違う!」


という表面だけでの主張はナンセンス。


「確かに違いますが、あなた平均オッズを確認した上で言っていますか?」


ということですね。


総括すると、


オッズ(人気)=成績


本当に正しいデータは、この関係です。


コンピ指数=成績


この関係だけで考えてしまうと、結果にズレが生じるので気をつけてください。