距離別による配当の違い(1)

競馬では1番人気の勝率が毎年大きく変わらないのと同じで
各馬券種の平均配当も毎年ほぼ同じになります。

単勝馬券では1040円、馬連馬券では5700円ほど。
もちろん年によって多少の誤差はありますが。

しかし競争する距離によって平均配当に偏りが発生するのを
ご存知でしたか?

今回は芝レースの距離別の平均配当をご紹介します。
データ検証期間は2007~2009年の3年間分です。

1000m  1560円  8655円

1200m  1105円  6522円

1400m  1045円  6586円

1500m   806円  2924円

1600m   974円  6704円

1700m   646円  3526円

1800m  1042円  5756円

2000m  1115円  6523円

2200m  1020円  5116円

2300m  1491円  10228円

2400m   839円  4472円

2500m  1245円  7274円

2600m   942円  6006円

3000m   671円  4484円

3200m  1893円  10983円

3400m   446円  5926円

3600m  2153円  8090円

やはり芝の短距離は荒れる傾向にあるのが分かると思います。
更にダートより芝レースの方が平均配当は高い傾向にあります。

上記の数字から割り出した平均配当が
単勝は1117円、馬連が6457円。

両方とも平均配当を上回ってますね。
しかし距離が長いレースの場合は実施数が少ないため
偏りが生じている場合もありますのでご注意ください。

このように競争する距離によっての配当の偏りを利用し
荒れやすいコースなどを加味して馬券を購入することも手だと私は思います。

では次回はダートレースの距離別平均配当について
お教えしようと思います。