2022年のオークスを当てたい人はこちら↓

今週末は、もうオークスなんですね。

 

そしてその次の週は、ダービー。

 

2022年も、過ぎるのが早いなー!

 

私は今年はやると決めていた、

ジム通いを5月に入ってから始めました。

 

体育会系出身でわりとストイックなので、

自分で追い込み過ぎてしまう傾向が。

 

毎回ジム終わりは「マジで死ぬ!」と思うのですが、

おかげさまでなんとか今日も生きています。

 

まーイヤにならない程度に、続けたいと思います。

 

さて今週末のオークスですが、

過去10年を見てみると、あまり荒れません。

 

2012年 820円

2013年 13880円

2014年 380円

2015年 1160円

2016年 420円

2017年 2290円

2018年 1190円

2019年 25140円

2020年 1800円

2021年 1880円

 

百円台が3回、

1000~2999円が5回、万馬券が2回。

 

3000~9999円ゾーンの出現がないのには訳があって、

紐荒れはあっても、人気サイドの馬が総飛びはしない。

 

のです。

 

◆2012年

ヴィルシーナ(2着)
ミッドサマーフェア

◆2013年
デニムアンドルビー
アユサン

◆2014年
ハープスター(2着)
ヌーヴォレコルト(1着)

 

◆2015年
ルージュバック(2着)
レッツゴードンキ

◆2016年
シンハライト(1着)
チェッキーノ(2着)

◆2017年
ソウルスターリング(1着)
アドマイヤミヤビ

◆2018年
アーモンドアイ(1着)
ラッキーライラック

◆2019年
クロノジェネシス
ラヴズオンリーユー(1着)

◆2020年
デアリングタクト(1着)
クラヴァシュドール

◆2021年
ソダシ
ユーバーレーベン(1着)

 

2013年以外は、

すべての年でコンピ1位か2位が連に絡んでいます。

 

ちなみに上段(ソダシ)がコンピ1位で、

下段(ユーバーレーベン)がコンピ2位です。

 

つまりコンピ1位と2位の2頭軸で、

馬連全頭流しをしたら、90%の確率で的中する!

 

あくまでも過去10年の傾向ですが、

こうなります。

 

ということは、

コンピ1位か2位の1頭軸で、

馬連全頭流しをしたら、45%の確率で的中するはず。

 

さらにオークスは、前走レース名で絞りやすい。

 

桜花賞 12連対

フローラS 5連対

忘れな草賞 2連対

スイートピーS 1連対

 

まず前走桜花賞を攻略しましょう。

 

桜花賞1~4着(10連対)

桜花賞5着以下+桜花賞で1~4番人気(2連対)

 

桜花賞で上位に好走した馬か、

桜花賞で人気だったけど負けてしまった馬しか、

オークスでは活躍していません。

 

続いてフローラSです。

 

フローラS1~3着(5連対)

 

ずっと優先出走権が与えられる1~2着の馬しか

連対していなかったのですが、

昨年のユーバーレーベンがフローラS3着からの勝利。

 

最後は忘れな草賞とスイートピーS。

 

忘れな草賞1着(2連対)

スイートピーS1着(1連対)

 

この2つは、どちらも1着じゃないと、

オークスでは活躍していません。

 

ではまとめます。

 

◆軸馬

コンピ1位か2位のどちらか

 

◆相手馬

桜花賞1~4着

桜花賞5着以下+桜花賞で1~4番人気

フローラS1~3着

忘れな草賞1着

スイートピーS1着

 

相手馬を8頭以内くらいに絞れば、

資金配分をすれば、利益も出るのではないかと思います。

 

しかも、そこそこ当たりそう。

 

あとは軸馬の選択ミスをしないことを祈るのみ。

 

参考になれば幸いです。

田中洋平がすぐ使えるコンピ攻略法をプレゼント