日刊コンピ指数のテクニカル6予想は何故いつも当たらないのか?

 

本当にたまにですが、

田中さんのテクニカル6の予想は当たりませんね。

 

というメールをいただくことがあります。

 

日刊スポーツの極ウマ・プレミアムで公開している記事は、

テクニカル6のパターン1か、パターン2をあえて選択しているので、

的中率は5~10%くらいしかありません。

 

的中率5~10%というと、

10~20回に1回しか当たらないという計算。

 

競馬は月に8~10回ほど開催するので、

私の予想記事は、1~2ヶ月に1回しか当たらないわけです。

 

当たる、当たらないの感覚は人それぞれですが、

これは予想記事のコンセプト的に、仕方のないことですね。

 

「田中さんの予想は当たりますね!」

と言われたいのであれば、

ガチガチ決着の多いパターン6で本命馬券を買えばよい。

 

でもそれではコンピの魅力を伝えられないので、

高配当の獲れるレースの記事を、あえて書きましょう。

 

というルールでやっています。

 

なので、極ウマ・プレミアムで書いている記事は、

穴狙いなので的中率が低い!

と覚えておいてもらえると良いかと思います。

 

また他に、テクニカル6でレース分類するのは、

「まったく意味がない!」という意見もあるので、

それに対するアンサーを記しておきます。

 

まず単勝1番人気と2番人気の馬連1点、

ガチガチの本命馬券ですが、

これを全レースで購入したとしましょう。

 

その場合、的中率15%、回収率78%になります。

 

では次にレースが堅く収まりやすいパターン4~6だけで、

単勝1番人気と2番人気の馬連1点を購入した場合は、

的中率20%、回収率83%とパワーアップするのです。

 

反対に荒れる傾向のパターン1~3で、

単勝1番人気と2番人気の馬連1点を購入した場合、

的中率11%、回収率74%とパワーダウン。

 

つまりガチガチの本命馬券は、

パターン4~6で買うと儲かる可能性が高い。

 

本命派の人は、

パターン4~6のレースで勝負するのが正解なのです。

 

では次に穴馬券を狙ってみましょう。

 

単勝3番人気を軸に、6~10番人気の馬に流す馬連5点。

 

この馬券を全レースで購入した場合、

的中率6%、回収率84%となります。

 

堅い傾向のパターン4~6で購入した場合は、

的中率4%、回収率80%という成績に。

 

反対に荒れる傾向のパターン1~3で購入すれば、

的中率7%、回収率88%と、こちらもパワーアップします。

 

どうですか?

 

的中率もアップして、回収率もアップする。

 

こんな素晴らしい仕分けは、なかなか無いかと思います。

 

本命派はパターン4~6にだけ参加。

 

大穴派はパターン1~3にだけ参加するだけで、

あなたの回収率がアップするのは間違いなし。

 

レース選びの大切さが、

テクニカル6を通してご理解いただけたと思います。

 

あとはさらに自分流にレースを厳選して、

パターン6しか参加しない!とか、

パターン2で1番人気の騎手が危険な時に穴馬券を買う。

 

というようなご自身の得意パターンを、

ぜひ見つけるようにしてください。

 

と言っても、コンピ指数利用者さんは、

競馬ソフト「TARGET」を使っている人が少ないように思います。

 

TARGETはデータベースソフトなので、

過去のデータから、色んな傾向が分かります。

 

このソフトがあるのと無いのとでは雲泥の差で、

私はTARGETで回収率をドーピングできると思っています。

 

つまりTARGETを使うことができれば、

他の競技者よりも、良い成績を収めることができる。

 

ということ。

 

お正月に箱根駅伝をご覧になった方も多いと思いますが、

オリンピックイヤー、2020年は青山学院大学の圧勝でした。

 

前評判の優勝候補は東洋大学で、

青山学院大学は弱い学年と言われていたそうなので、

今回の勝利は格別だったしょう。

 

しかし2020年の箱根駅伝で、

その青山学院大学より目立っていたのがナイキのシューズ。

 

ヴェイパーフライという商品です。

 

これは靴底にカーボンプレートが内蔵されていて、

反発力によって前に進む力が強くなる、といった感じでしょうか。

 

ジャンピングシューズみたいなイメージですね。

 

このシューズを履けばタイムが速くなる可能性が高い。

 

ならば履く以外に選択肢はない。

 

私が箱根駅伝のランナーなら、迷わず履くでしょう。

 

何故なら、結果がすべてだから。

 

もちろん合う合わないの個人差があるみたいですし、

前傾姿勢になるので股関節に負担が掛かる、

というような話もあるようです。

 

ただマラソンや駅伝は、タイムがすべて。

 

速く走れなければ、部内での立場や順位も下がるみたいですね。

 

速く走ることが正義。

 

大げさですが、こんな感じでしょうか。

 

少し話が逸れましたが、

回収率が上がるならTARGETを使わないという選択肢はない。

 

回収率をアップさせることが正義。

 

競馬で勝つことが正義、であればですね。

 

なかには楽しめればOK!という人もいるでしょうけど、

勝てないと面白くないという人の方が多いハズ。

 

私はTARGETの回し者ではありませんが、

ぜひドーピングしてみてください。

 

データ競馬:TARGET frontier JV

・出馬表にデータマイニングの順位・数値を表示させたい
・特定の2頭の直接対戦の結果・経歴を調べたい
・予想するレースが行われるコースにおける、騎手・調教師・種牡馬の傾向を調べたい
・出走馬の前走レベルを簡単に比較する

などなど。

TARGET操作動画が無料で見られます↓