2 in 1法

2 in 1法は、2回の負けを1回で取り戻す方法です。
方法は簡単です。

負けた金額をまず書いて、その左端と右端の数字の合計金額を賭けていきます。
たとえば、100円を賭けて負けた場合は(100円)と書きます。

次はこの書いてある数字100円を賭けます。

負けた場合は(100円、100円)と書いて、左端と右端の合計の200円
を賭けます。

これを繰り返して4連敗すると、
数列(100円、100円、200円、300円)
となります。

その次の賭け金は左端+右端の金額、
100円+300円=400円
となり、そのレースで勝った場合、左端と右端の金額を消します。

数列(100円、200円)
その後は同様に、左端と右端の金額を足し合わせ、
100円+200円の合計の300円を賭けます。

2in1法は、モンテカルロ法とよく似た競馬必勝法です。

数列の消し方などがよく似ています。
ちなみに、このように数字を書いて、勝った場合に両端の数字を消していくや
り方ですすめていく投資方式を「キャンセレーションシステム」といいます。

●2in1法のまとめ
2in1法の弱点は、××○××○のように均等に負けていく場合は、掛金がじ
りじりと上がっていくことになります。

つまり、一回で資金を回収するわけではないので、その分だらだらと長く回収
できないまま続くと少しずつ金額が上がっていくことになるのです。

この弱点は、モンテカルロ法も同様で、モンテカルロ法や2in1法のような
「キャンセレーションシステム」を基本とする必勝法全てが持つ弱点といえる
でしょう。

最初の負けを一回で取り戻すのではなく、複数回で見て取り戻すキャンセラ
レーションシステムを基本とする投資法は、ギャンブル性の高い競馬にはあま
り向いていないかもしれません。あくまで精神力の強い人向けの必勝法かと思
います。

私個人としては、2in1法、モンテカルロ法はカジノ向きの必勝法で競馬には
あまり向いていないのではないかと思いますが、カジノ投資においては有名な
手法ですので参考までに紹介致しました。

 

マーチンゲール法

モンテカルロ法

ココモ法

2 in 1法

ウィナーズ投資

馬法の方程式

バーレイ法

バーネット法

金丸法

 

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録